日給制は高い方がいいですが、仕事によります。

給与を算出する単位として時間単位がアルバイトであり、パートタイム社員です。

日給による働き方とその職業

給与を算出する単位として時間単位がアルバイトであり、パートタイム社員です。月給は一般的なサラリーマンであります。日給の人はというと大工、とび職などの建設関係の現場で働く人になります。天候に左右されない、職業であれば、雨でも、雪でも働けます。しかし、屋外での仕事においては天候は重要になります。天候不良で働くことができないのに給与を支払うのは雇用側にとってはデメリットになります。

そのため、建設会社、土木作業などでは日給制を取っている会社が多くなっております。しかし、それは現場での仕事働く人であって、屋内で行なう設計などは月給であったりします。給与の算定単位は日給ですが、その給与の支払いは日払いにするか、月払いにするかは別になります。しかし、基本給与は、日給、月給、時間給がありますが、残業になると1時間単位の単価を算定して残業代を計算します。

日給の仕事は、1日単位の仕事になりますが、一日何時間かはある程度きまっております。実際に働いた時間がその時間より少なかった場合、給与は減らされるケースは少ないですが、多くなった場合は残業代が発生します。その分は日給から時間単価再計算して残業代を算出します。日給の仕事は1日でもって仕事の成果を上げる仕事が多くなっております。

関連サイト情報