日給制は高い方がいいですが、仕事によります。

お給料の支払い方法としましては、時給と月給と日給という方法があるようです。

日給は管理をしっかりと

お給料の支払い方法としましては、時給と月給と日給という方法があるようです。アルバイトやパートの場合には、時給で、正社員の場合には、月給で、非正規社員の場合には、日給とされているようです。どの場合にも、トータルしてみると、大差は無いように感じられますが、実際に手にした際の重さが違うように感じられます。そして、給与面に関することで、保証の内容にも違いが表れるように考えます。時給や、月給制度で支払ってもらっていると、おかれた立場も、正社員やアルバイト、パートであるため、雇用保険などが適応されているので、仕事を辞めた際には、保険が支払われ、助かるようになっています。

ところが、日給制で働いているようであれば、定職ということにはなっていないと考えられますので、その日その日の日雇い的な仕事の内容になるため、雇用保険などは、適応されていないのではないかと伺えます。そして、一日に働いた分のお給料が、その日の終わりに受け取ることが出来るので、日銭には困らないようになっているようです。堅実にやりくりする人であれば、問題はないと考えられるのですが、景気よくパーッと使ってしまえば、あっという間に消えていくのが、現金です。それに比べると、一カ月かのまとまったお給料になると、自分で、仕分けもし易く、管理も、難しくないと考えます。