日給制は高い方がいいですが、仕事によります。

日給制は高い方がいいですが、仕事によります。

日給制は高い方がいいですが、仕事によります。

日給制は高い方がいいですが、仕事によります。

日給制は高い方がいいですが、仕事によります。仕事内容と比較して日給が良いかどうかで考え選ぶほうが賢明です。月給制は一カ月の労働としての給与になりますが、日給制は働いた日数に応じて賃金が支払われますから、雇用条件としては不利と考えられています。そこは考え物で、何もせず働かなかったら、賃金収入は発生しませんから、少しでも収入源にしたいはずです。

非正規雇用は日給制が多いとよく言われています。労働条件は正規雇用に比べて条件があまりよくありません。仕事内容つまり労働内容と日給で働ける日数を計算することは募集案内などで予め出来ますから。正社員でなくても妥協できれば非正規雇用を選択することは悪くありません。生活の中心収入とするならば、将来的に辛くもなりますが、一時的選択肢としては可能です。

あくまで方向性は、日給制から月給制にステップアップ出来る道が拓かれている会社を志望することをお勧めします。行き止まり状態では、仕事を貰えないよりまだまし、という業務上のモチベーションが下がり仕事に物足りなさを感じますから、開かれた人事配慮が出来る会社を選ぶことが先決です。横柄で専制的な会社経営では生き残れない時代になっていますから、募集においてもよく考え雇うではなく、仕事をしてもらおう、という気概が経営者には要求されています。労働者が会社を選び評価する時代に適合しない手はありません。